過去の外部活動公演

外部活動ちらし
  • 文化庁委託事業 平成30年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
    日本の演劇人を育てるプロジェクト  新進演劇人育成公演俳優部門

    「腰巻お仙
     振袖火事の巻」

    作・演出

    作:唐十郎
    演出:小林七緒

  • 出演

    祁答院雄貴、山丸りな(流山児★事務所)
    山下直哉(流山児★事務所)
    江口翔平(StudioLife)
    原田理央(柿喰う客)
    星美咲(流山児★事務所)、伊藤俊彦
    成田浬、勝俣美秋(劇団わらく)
    眞藤ヒロシ、佐野陽一(サスペンデッズ)
    森諒介(流山児★事務所)、中原和宏
    大久保鷹

    あらすじ

    1969年、状況劇場が新宿中央公園で機動隊が紅テントを包囲するなか上演した伝説の作品。

    舞台は、いまなお「戦後」の風景が残る1960年代の新宿。
    中学3年の円谷芳一は、幼なじみの片桐仙子に恋していた。だが、芳一の想いをよそに病に倒れた養父にかわり家計を支える仙子は、そろばん塾の謎の教師:ドクター袋小路の策略で巷の娼婦に身を堕としていく。
    自らの非力を悟った芳一は陸上自衛隊へ入隊する。 一年後、芳一が再会したのは変貌を遂げた仙子だった。
    「日本帝国の再建=極東の覇権」を狙い、その先兵として仙子を抱き込むドクター袋小路の魔の手からお仙を奪還しようとする芳一。
    男たちの死闘にゆれる乙女心が振袖火事へと突き進む。

  • スタッフ

    音楽:諏訪創
    振付:スズキ拓朗(CHAiroiPLIN)
    美術/舞台監督:小林岳郎、
    照明:横原由祐
    音響:高塩顕
    衣装:竹内陽子
    映像:浜嶋将裕
    舞台監督助手:森諒介、橋口佳奈
    イラスト:ヨコヤマ茂未
    宣伝美術:江利山浩二(KINGS ROAD)
    アシスタント・プロデューサー:米山恭子
    プロデューサー:流山児祥

    チケット

    全席自由(税込)
    一般 :3,500円 (☆の回は、3,000円)
    学生/U25(25歳以下):2,500円
    高校生以下:1,000円

    2018年10月4日(木)

    件名を「チケット予約」とし、
    本文に「お名前」、「よみ仮名」、「希望日時」、「枚数」、「券種」をご記入の上、
    gekidanwaraku@gmail.com
    までお願いします。
    返信をもって予約完了となります。

日時・会場

2018年

12月4日(火)
~12月16日(日)

4(火)19:00★
5(水)19:00★
6(木)14:00
7(金)19:00★
8(土)14:00
9(日)14:00
10(月)19:00
11(火)19:00
12(水)14:00
13(木)14:00/19:00
14(金)19:00
15(土)14:00/19:00
16(日)14:00

会場

Space早稲田


〒162-0042
東京都新宿区早稲田町74
ビューロー早稲田B1

交通:東京メトロ東西線「早稲田」駅
    1番出口改札より徒歩1分